カテゴリ:記録( 9 )



2015年の日記よりコピペ
無事終った~~
今年は脱力感ハンパないよ…。
発表会の前日、母が出てきた。私の演奏を聞きに?と認知症の薬をもらいに。
母が聞いてくれるなんてありがたいと思う。

曲はななんんと9分近くにもなってしまった。
もっと早いテンポだったら7分ぐらいにおさまるのになあ。
でも、これ以上は無理。
息子が…演奏がはじまってすぐ「はっくしょん~」とくしゃみをお見舞いしてくれた。
私の時でよかった。他の人の時じゃなくてよかった。
細かい反省点は色々ある。
また、来年がんばろう!

[PR]
by kuma-flute | 2018-01-08 14:40 | 記録 | Comments(0)

今聞き返すと、未熟ながら(いまでも未熟だけど)一生懸命がんばってるなあ…って思う。
今ならもっと色々表現できるのではないか、そう思う。

2014年の日記のコピペ
年末恒例?
フルートの発表会が無事終わりました。
いつもは昼過ぎの出番ですが、今年は朝一。
9時集合、9時45分スタート。私の出番は2番目。
口の周りの筋肉が凍えたら、暖まるのに時間がかかって間に合わないと思い、
マスク+マフラーのとってもアヤシイ人になってキタラに到着。

着替え~音だし~本番

待っている時間が長いと緊張もピークに達してしまうけど、
あれ、あれ、あれ…と言う間で本場を終えました。
と書くと緊張していないようですが、実は手に汗を一杯かいていて、
ハンカチを控え室に忘れてしまって戻る時間もそんなになくて、
しょうがないから、ドレスに手の汗を吸収…←子どもか?

「おじぎを忘れないように」
そう言われていたのに、やってしまいました。
おじぎをせずに、スタート。

後は真っ白でございます。

終わった後は無事におじぎをして、退場…。
私の後の、マイミクのまこちゃんの演奏が始まったのだけれど、
気持ちがなかなかもとに戻らなくて、集中して聞く事ができずに残念。


そして、脱力したまま家路につきました…
と思ったら、なんと!お財布を貴重品ロッカーに忘れてしまったのです。
とほほ…キタラにとりに戻りましたあせあせ(飛び散る汗)

集中の後の脱力で忘れ物すること多くなってきました。
M村先生のレッスンの時には、ヤマハにフルートクロス忘れたし…
2週間前はレッスンの時に暑いからと脱いだセーターをレッスン室に忘れてしまって
K戸さんのレッスンが終わるまでまってたし…(そんな大物忘れるなって)
来年は何忘れるんだろう、フルート本体忘れないようにしないと。

http://www.voiceblog.jp/kumakumakumaflute/

こちらに、アップしました。
聞いてみると…ちょっと暴走気味でしょうか。
先生のピアノを全く聞いていないというか…
アレグロ(一応譜面では。でも、無理なのでテンポ落としてます)部分では、
ピアノとずれてるし。
細かいミスてんこ盛り、
自分ではp、fをつけているつもりでも、案外そうでもなく…
ビブラートも、つけているつもりでも、案外そうでもなく…

これが自分の今の実力。
また、来年頑張ります!


追記
ケロログがいつのまにかなくなってました…。
なので、ここに貼っているっていう訳です。

[PR]
by kuma-flute | 2017-12-23 16:48 | 記録 | Comments(0)




最初でさいごだったはずのキタラが今年もキタラで発表会。
次はもうないかも…と思い悩んだ末フルートソナタに挑戦。
今回は先生が選んでくださった数曲のなかで自分が一番好きな物…という事でこの曲にした。

この曲はいままでムラマツexだったのだが、総銀に買い替えてのこの曲。
まだ吹きこなしてはいないが(今でも)あきらかに音色がかわったなあ…と思う。

2013年の日記よりコピペ
大撃沈だった…
これは予想できたこと。
練習が足りないことは、わかっている。
でも、私の中では、これ以上にないぐらい練習した。

二日たって、やっと自分の録音を聞くことができた。

…泣…

それでも、自分がここまでやったことを皆さんにお知らせしたくて、
先ほどから、ケロログにトライしているのだけれど、
全然、ダメ。

これって、皆さんにお聞かせするな…って事??

息子も児童デイからもどるので、とりあえずここまで。


2013年8月の日記よりコピペ…フルートをDSにしました。
水曜日に受け取る予定です。
ムラマツのDS。
マテキのソルダートに心が傾いていたのですが、なぜか踏み切れませんでした。
パールのソルダートも結構好きでしたが、(プリスティン マエスタ)なぜか踏み切れませんでした。
ソルダートとドローンの音の違いがはっきりとわかりました。
音の立ち上がり、クリアー感。
でも…一昨年ムラマツのリペアクリニックでSRとDSを試奏して、違いがわからなかったんですよ…
自信をなくして、これはまだEXでがんばれって事かな…と。


で、なぜ、今買うことになったか…というと。
シュターミッツのせいなんです。

最近注意されていることはいつも同じ事ばかり。
もっと、色々な音色が欲しい、音の立ち上がりのスピードがちょっと遅い。
前回のレッスンで先生がご自身のフルートを私に吹かせてくださったのですが、当たり前だけどEXと14kでは全然違う…

これから、この先、もっともっと色々表現したくなったときに
幅が狭くなるかと…

私自身、EXでいいかな、山田さんにきちんと調整していただくと、いいかな…と思っていたのですが、
先生の口から、総銀のおすすめの言葉がでたときに、
「買います」と、即答してしまいました。
弘法筆を選ばず…と言いますが、私は凡人なので、楽器に頼ることに。
フルートは先生の先生を通して、ムラマツから取り寄せて選定していただく事になりました。
在庫などの関係で、すぐにとは行かない事も多々あり、発表会には間に合わないだろうから、発表会はEXでと考えていました。

先週、木曜日に先生から最終の確認のメールが来て正式にお願いをしました。
先生がすぐに大先生にお電話をしてくださり、大先生はすぐにムラマツにお電話してくださり…
なななんと、日曜日に選定。そして、水曜日に私のもとへ…

この転がるような決まり方…
体験レッスンをして、
翌々日にはフルートを買って、
4日後にフルートレッスンを始めた時の事を思い出しました。

発表会は私を成長させてくれたEXに花道を…とも思うのですが、
DSを吹き込んで間に合わせたい…そんな気持ちもあります。

[PR]
by kuma-flute | 2017-12-22 15:48 | 記録 | Comments(0)
コンサートホールkitaraで初めての発表会。
このとき2度目があるとは思わなかったので、自分の大好きな曲で挑戦したいと思い花のワルツを選んだ。先生とのデュオは大変勉強になった。

2012年12月16日の日記よりコピペ 

花のワルツはああああ~終わった~
「来年はキタラの小ホールで発表会があります」 http://www.kitara-sapporo.or.jp/ と、
聞いたその日から、もう1年。 一生に一度と思ってトライしました。
曲はケーラーの花のワルツ。
初めてこの曲を聴いたときに、 目の前に、実家のある町のバラ園が浮かびました。
なんて美しいんだろう、いつかこの曲を吹いてみたい。 そう、思いました。
念願かなって、しかも先生とのデュオ。 学ぶことが沢山ありました。
秋頃フルートの調子が悪くなり、駆け込みで山田さんに調整をお願いしました。
http://yamada-fp.que.jp/
山田さんいわく、 「キタラはいいホールだよ。奏者の気持ちが伝わるホールだよ」と。
そんな話を、ピアノあわせの時に話したら、 ピアノ伴奏の先生が
「そうなのよ、キタラマジックなのよ」と仰いました。
そんなこんやで迎えた本日ですが、 「逃げ出したい、ドキドキする~」 は、お約束。
そう言いながらも終わったら、次はどんな曲にしようか… そう考えている自分がいます。
ご指導そして、一緒に吹いてくださったT先生、 ピアノ伴奏をしてくださったS先生、
ありがとうございました。

[PR]
by kuma-flute | 2017-12-22 15:25 | 記録 | Comments(0)

記録として貼っておこう


2010年12月26日の日記のコピペ…愛の挨拶
はあ…終わった…
過酷?な発表会だった。

旦那が泊まりで、朝八時過ぎには帰宅予定…のハズがなかなか戻らない。
出かけようと決めていた時刻が刻々と近づく…
やっと旦那からこれから、かえるメール。

コレが波乱の幕開けだった…

札幌、つるつる路面。スケートリンク状態。歩けない…
バスに乗り遅れてしまう…

地下鉄の切符を買う。
駅員さんに呼び止められる。なに?おつりを取り忘れた私。
既に緊張している。

きた24条に到着。
歩いて開場にむかうも、転倒…

今回の発表会はピアノと合同。
フルートは4人。

始めての発表会は、短い時間だったけど、ステージでのリハがあった。
開場前なら、音を出すことができた。

しかし、今回は…
ステージリハもなく、楽屋でも音が出せないという。
少しでも音が出せれば…と思い、すぐ裏の区民センターで音出し。
音だし中に先生からメール。
なななんと、私はフルートのトップバッターに(>_<)
しかも、当日の朝それを知るという、トホホ…
大丈夫ですと言ったものの、本当は大丈夫じゃないけど、大丈夫だと思わなくちゃね。

予定時刻に開場入り楽屋へ。
少しなら音を出してもOKとの事で軽くソノリテを。
しかーし、音がブルブル震えている。ヤバイ!

ステージ裏へ移動。ピアノスタート。
ピアノのお生徒さん、ちいさい子ども達ばかりで、かわいい~
緊張しているハズなんだけど、子ども達を見るとちょっと心和む。

さて、フルートの部。
以下自粛…としたいけど、記録の意味も込めて少し書く。

先生のイントロが始まり、スタート。
音が…音が…音が…
そばなりしている(T_T)
ひどい棒吹き…
むらまっちゃんを響かせることなく、歌わせることなく演奏終了。

今まで何のために一生懸命練習してきたのか…
ちょっと、いや、かなりへこんでしまった。

旦那と息子が聞きに来てくれた。
「いや~発表会、なかなかおもしろかったよ。
 子ども達をみていて、こっちも、がんばれ、がんばれ…
 っていう、気持ちになったよ」
「かあちゃんもうまくなったね」←社交辞令。

息子は
「たのしかった」との感想(^^;)

次回は…いつになるか不明だが、また頑張ろう。
年明けのレッスンはアルテから。
アルテの何課だったかな~しばらく開いていないので、忘れてるよ。

2011年6月20日の日記のコピペ
はあ~っっ。
とにかく終わりました。発表会。

ステージ中央に立ってお辞儀をしたら…
視界に大熊と仔熊。真っ正面に陣取ってるし。

最初のカデンツア、躓きました。とほほ。
躓く音は決まっているのに、本番では違うところで転びました。
魔物が棲んでいます…
なにがなんだか記憶にありません。
オクターブあがって、最後のサビに入るところで、はっ と正気に。
これで最後なんだ…とおもい、おもいっきりカンタービレ←なってないけど(^^;)
とにかく、終了~
真っ白な灰になりました…

H先生の発表会に出るのは昨年に引き続き2回目。
昨年出ていた方も何人か。
昨年私の前に吹かれた方は今年も偶然私の前だった。
今年もとても素敵なお姫様ドレスハート達(複数ハート)
楽屋でちょっと聞いてみる。
「あの~自前なんですか?」
なんと、自前で、レンタルするより安いとのこと。
昨年の真っ赤なドレスも素敵だったなあ。

マイミクのまこにゃんさんは教室は違うけど同じT先生。
美瑛に住んでいて、朝7時に家を出てきたとのこと。
アリオーソ、とっても素敵でした。
ひたむきで透明感のある音は心にしみてきます。
バッハっていいね~

2部のトップは同じ教室のK戸さん。
曲はドンジョンのナイチンゲール。
K戸さんの楽器は村松のPTP。
不思議なことに、ちゃんとK戸さんの音に育ってきている。
PTPの耳にキンキンした感じがしない。
フルートって不思議な楽器だなあ…

T先生はガラク。(三村朗作曲)
昨年初めてT先生のガラクを聞いたときにも思ったのだけれど
若々しく青竹がすっと伸びる、そして力強くしなやかに…
より、立体的に、はっきりと、見えてくる、感じてくる…
ほ~いいものを聞かせていただきました…

トリはH先生。
曲はゴーベールのロマンス。
ゴーベールってあのタファゴベのゴベの人だってこの日気がついた私です←こらっ
聞いていて勝手に妄想ふくらんでたいへんでした。
夏草の茂る草原の匂い、甘酸っぱく切ない片思いの気持ち…
なんだか、うるうるしてしまいました。

そんなこんやの発表会。
自分の演奏は撃沈してしまったけれど、素敵な演奏を聴かせていただいたので、
気持ちはハイのまま、気分良く家路につくことができました。










[PR]
by kuma-flute | 2017-12-22 07:52 | 記録 | Comments(0)

今年も無事終りました。今年は昨年11月に肩を痛め、泣きそうになりながらハンブルガーを演奏。
なかなかよくならず、今年のゴールデンウィークに左肩を手術しました。
リハビリと平行しながら、フルートを再開。
練習になる曲を…ということでチャルダッシュにしました。
ラッセン、フリスカの意味を考え、ハンガリー田園…を意識。
曲のなかにある、ハモニクス部分では強制的に(笑)アンブシュアの練習となり
沢山考えて、沢山練習しました。
緊張のあまりお辞儀を忘れてしまいました。
細かいミスはあるけど、大きな事故なく演奏が終ってほっとしました。
今の私ができる精一杯の演奏です。

[PR]
by kuma-flute | 2017-12-13 08:51 | 記録 | Comments(0)
11月30日の朝8時15分頃に、転倒して左肩から腕を強打した。ブ
ラックアイスバーンをいつものペースで歩いて転んでしまったのだ。
とりあえずアイシングをしたものの痛みが増してくる。
まずい。
発表会は10日後だ。予定していた研修会をキャンセルして、スカーフで三角巾をつくり整形外科に駆け込んだ。レントゲン、MRI。折れない、切れていないという事で様子見。
問題は発表会。安静をたもちつつ…稼働域が狭まらないよう、うごかしつつ…
いてててて…

当日のリハはもうボロボロだった。本番も、これ以上の演奏は望めないと思う。
よくがんばった…と自分で自分を褒めてあげたい。
あ…肩はいまだに、通院しています。とほほ。

[PR]
by kuma-flute | 2017-01-25 20:51 | 記録 | Comments(0)

ウッダールのセレナーデ。
初めての発表会でガチガチに緊張しました。

2010年6月6日の日記のコピペ…初めての発表会、会場はかでる2・7
客席に息子が座っているのが見えた。
その後は、真っ白…

無事終了。
また、出たいなと思う自分がここにいる。

息子に、
お母さんのフルート聞いてくれてありがとう。どうだった?
と、問うと

おーけーだよ。
と言った。うれしいなぴかぴか(新しい)

[PR]
by kuma-flute | 2016-09-13 16:54 | 記録 | Comments(0)

2008年

記録として、動画をアップしていきます。
これは、フルートを習い始めて一年と少し。アルテの9課の頃。
改めて聞くと、今とそんなに変わっていない…
ってことは、あんまり成長していないって事だよね。とほほ。

[PR]
by kuma-flute | 2016-09-11 09:37 | 記録 | Comments(0)