<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

体験レッスン その4

ソの音を鳴らす。
♪ソ~~~~~~~~~~~~~~~~♪←先生
ぷおお~~~~~~~~~~~~~~~~←私 ホラ貝かっ!(^^;)

先生はとても響く。この細い体の何処に息が入っているのか???

ぷおお~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぷおお~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぷおお~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブレスは息を吐ききってから。
複式呼吸で。肩があがると言うことは肺で息をしている。
先生のウェストをおずおずと触ると、息を吸うと広がるのがわかる。
ふ…む…
左手薬指がねている。もう少し立てて。
右手親指は人差し指の下ぐらい。

ソ、ファ、ミ、レ、ドと、低いドを慣らす。
小指は少しねかせ気味にして。

そして、低いドのポジションから息を強く吹き込む。

ど~~ど~~そ~~み~~きぃぃぃ
ぜーはーぜーはー
もっと強く!と激が飛ぶ。
……酸欠です…先生…
高音は喉を絞めてはいけない。
アクビをするときのように広げて。
先生の首をさわると、広がるのがわかる。
私は全然広げることができない(^^;)

譜面が出てくる。
フルートのバイエルと呼ばれているアルテだ。
この教本をだいたい2年ぐらいかけて進むのだとか。
息が続くのか?初見だよ(^^;)
楽譜を読むのもひさしぶりだし…
ぽ~ぽ~ぽ~ぽ~(注 ソラソミの音です)
く、くるしい…ブレスの所まで息が続かない。
せめて2音は…ダメだ…
「一音づつブレスしてください」
はい…先生…

先生の音を聞きながら自分の音も聞き、ハモっていることに感動した。
やっぱり、ハーモニーっていい。

あっという間の30分+α。もう少し吹いていたかった…
お片づけタイム。フルートのお手入れを習う。
フルートはデリケートだ。そっと、ケースにしまう。
表面も無理に擦らず、さらさらさらと、拭く。

平日(水曜)の午前という私の希望にかなっている教室はここしかない。
ここの教室に通うためには自分で楽器を用意しなければならない。
購入後お世話になる旨伝えて、レッスン終了となった。
[PR]
by kuma-flute | 2007-02-28 23:25 | レッスン | Comments(2)

体験レッスン その3

頭部管を唇にあて、息を吹き込む。

すうううううう~~~~~

音が鳴らない(^^;)
何度か唇に当て直し、鳴る位置を捜す。

ぽおおおお~~~~~

おお!鳴った!鳴った!
@十年振りにフルートを吹いて、鳴った!うれしい(^o^)

私のフルートの経験は中学の時、吹奏楽部で2年。
コンクールが終わり3年生が退部したあと、フルートのパートに移った。
だから、誰かにフルートを習ったという事がない。
音楽室にあった教則本を読み、運指表を見て、指使いを覚えた。独学?ってやつか?
「なんちゃって状態」のフルート演奏だ。

私の希望は、「一から教わりたい」
聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥。

次、フルートを組み立てる。
組み立て方だって、何かあるはずだ。
頭部管を管体部に差し込む。キィはつかんではイケナイ。
頭部管の印と管体部のMの印を時をまっすぐにあわせる。
足管部を差し込む。
そして…構えて吹く。

すうううううう~~~~~

鳴らない(T_T)
何かがおかしい。感覚的にちょっと違う。
頭部管を少し内側に回す。

ぽおおおお~~~~~

鳴った!
しかし、先生から指導が。
頭部管を回すことで、タンポが見えてしまったり、キィが沢山見えてしまったりというのはよろしくないのだとか。
なんちゃって奏法の悲しさよ…
でも、こういったことを矯正しなければ美しい音は奏でられない。

新しいことを覚えてうれしい。
[PR]
by kuma-flute | 2007-02-28 17:01 | レッスン | Comments(2)

体験レッスン その2

教室はビルの二階にある。

レッスン室は4つ。
事務所。
待合いロビー。

待っている間、レッスンのフルートの音が聞こえてくる。耳を澄まして聴く。
G線上のアリアだ。
最初の1音目の練習。
お生徒さん、先生、お生徒さん、先生
交互に吹いている。
先生のフルートの音が響いている。
深く、ゆっkりと広がっていく。……うっとり~~~……

いったいどんな先生なんだろう…?
お会いするのがとても楽しみになってきた。

先のお生徒さんのレッスンが終わり、
「こんにちわ」と、先生が私に声を掛けて下さった。

ち、ちいさい…
先生、ちいさいよ…。しかも、細い。
声も可憐。私のタイプ。←ばか(^^;)
この体の何処に、息がはいり、太くふきこめるのか?

私は一目で先生のことが大好きになった。
[PR]
by kuma-flute | 2007-02-28 15:35 | レッスン | Comments(0)

体験レッスン その1

あっという間に水曜日がやってきた。
息子を学校に連れていき、家に戻りダッシュで掃除、洗濯、茶碗洗い…

お出かけとなるからお化粧も…
ん?まてよ?
口紅はどうしたらいいんだ??
リッププレートに口紅がついたら困る。
今日は先生のフルートをお借りするのだ。
口紅を塗ったら軽く押さえる程度なのだが、今日はふき取った(^^;)
いつもの習慣でハンドクリームを塗ったのだが、それも、石けんで洗い流す。

素朴な疑問…皆さんどうしているのだろう?

通り道にある、郵便局でお金を振り込むため時間に余裕を持って家をでる。
今日のATMは空いている。
ラッキー
私の番だ。振り込みが終わり、おつりを待つ。
おつり…おつり…おつり…

ぴーーーーーーーー

ATMが止まってしまった(>_<)
おつりのお札が詰まっているのだ!!!!
わああああん。よりによって、こんな日に(T_T)




余裕を持って家を出て良かった。
教室についてのは11時20分だった。

教訓 教室に行くときは時間があるからといって、金融機関に寄るのはやめよう!
[PR]
by kuma-flute | 2007-02-28 14:33 | レッスン | Comments(0)

やったー!

ママ友がヨガを始めたいと言い出した。
そういえば…近所のスーパーに文化教室があるから、ちょっと見てきてあげるね
と、買い物のついでに覗いてみた。

そこに1枚のポスター
「二胡教室 カ@イ音楽教室講師」
おおおおおおおおーーー
カ@イ!すっかり忘れていた。
どうして検索でヒットしなかったんだ???

ネットで教室を検索して速攻電話。
家からも比較的近い。
なんと!水曜日の11じ30分の時間が空いているのだとか!
バンザイ!!!

事務の方が講師の先生に連絡を取ってくれて、28日に体験ということになった。

28日…ん…
来週だよ!!!
[PR]
by kuma-flute | 2007-02-28 12:35 | Comments(0)

難航する教室選び

フルートを習うに当たって譲れない条件がある。
それは、時間帯。
平日の午前11時、12時代が希望だ。
13時は参観などがあると、時間的に厳しい。
そして、できれば、なにかあったときのために家から近くがいい。

ネットでフルート、レッスンで検索し、片っ端から電話。

島@楽器…駅前教室、ジャスコ教室ともに、×
た@楽器…家から近い3つの教室にアタック!しかしこれも×。
北@楽器…家からちかい教室は×
道@文化教室…日曜10時。旦那が仕事の時の息子はどうする?これも×
ジャ@コカルチャースクール…14時のレッスンから。これも×

時間と曜日は譲れない。どうする…

個人レッスンにするか…
もう少し範囲を広げるか…
[PR]
by kuma-flute | 2007-02-20 12:28 | Comments(0)

好きなこと始めますっ!    好きなことは楽しいはず…?


by kuma-flute