<   2016年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

9月27日 レッスン

f0130417_613509.jpg


火曜日はフルートレッスンだった。なんと時間を間違えて到着してしまった…
なので先生は帰宅されていなかった。とほほ…
近所のスーパーで時間をつぶして、メールで確認したら、帰宅されていたので、少し早めにレッスンを始める事ができた。

先生は私のレッスンの前にN田さんの出張レッスンだったのだ。
N田さんは、コンクールにトライしているやる気のある生徒さんだ。
そのN田さんから、先生が預かったというモノが、フルートに装着して支持を補助する道具だ。
先日のランチ会でM川さんが使っていたのを見て、N田さんもお取り寄せしたらしい。
M川さんは年配の方で指の関節が…との事で先生が楽に支持できるようにと先生がすすめたのだとか。
先生がおっしゃるには、コンクールを受けようとしている人が器具にたよってどうするの?
って事らしくて、N田さんが「先生預かってください」って事になったらしい(笑)
ちょっとネットでくぐったら右手につけるものと左手につけるものと二通りある。
N田さんのは右手につけるものだ。
私は左にバンドエイドの靴擦れパッドを貼っていた時期があったけど…
いつの間にか使用しなくなった。いつのまにかきちんと支持ができるようになった…って事だと思う。

音だし
低音ドの指で倍音。
唇の脱力。
以前はガチガチで最後のドが出なかったのだが、出るようになっている。
でないから、シであきらめていたのだ。
出ないからと言って、練習しないといつまでもでない。
もしかしたら次にでるかもしれない。とにかくドまでいく…との言葉を思い出す。

タファゴベ
家練でとにかく苦戦した事を伝える。
高音でブリティアルキーを離す運指がうまくいかないと。
そして、前回のレッスンで先生が仰った事を私は間違えて解釈していたのだ。
「言ってませんでしたか?」
仰ったかもしれないけど、ごめんなさい忘れてました。
とにかくボロボロだった。
指が回らないとこの先憧れている曲は憧れで終ってしまう…
練習のテンポを88でできるようにすること。←曲のために。

曲…ハンブルガーソナタ
ロンド パンパンパーンのシンコペーションが感じられない。
これ…ずーっと指摘されているんだけど、どう吹いたらいいのだろう、
音の跳躍に注意
目標テンポ84なので、タファゴベは88で練習。
高い音が突出して聞こえないように、少し引く。
シンコペーションが続く所に緊張感が欲しい。

雑談
シャミナーデのコンチェルトへの熱い気持ちを語ってしまう。
先生が楽譜をかしてくださったので、難しい所は無視して、自分の好きな所を吹いて今はそれで満足しよう。
だって…楽譜見たら絶対無理だって思ったよ…
この曲は若くパワーのある人の為の曲のような気がする。
動画でも沢山あがっているが、ゴールウェイの演奏よりも、若いひとの瑞々しい演奏が好きだ。

あと、先週札幌新人オーディションを聞きに行った。
フルート、クラリネット、オーボエ、トランペット…
8分が長く感じる人、あっという間の人、眠くなってしまった人、
トランペット大崩壊で眠気も吹っ飛んで、がんばれ、がんばれって応援した人…
N田さんは、ラスト。
最初緊張していたみたいだけど、後半伸びやかでよかった…と思う。
フルートの人は3人聞く事ができた。
現代曲だから、こういうバランスなのか?ピアノとのバランスが?の演奏が残念だった人がいた。
先生が仰るには、N田さんの曲は最初の2音で決まる。聞く人が聞けばわかってしまう曲なのだとか。
ああ…相変わらず先生厳しいわ。


 
[PR]
by kuma-flute | 2016-09-30 06:40 | レッスン | Comments(0)

2010年 発表会


ウッダールのセレナーデ。
初めての発表会でガチガチに緊張しました。

[PR]
by kuma-flute | 2016-09-13 16:54 | 記録 | Comments(0)

9月12日

f0130417_16435718.jpg


爽やかな秋空が広がっている。
先月からKAWAIをやめて、先生のご自宅にレッスンにかよっている。
先生のご自宅は地下鉄からバスにのりかえて20分程のところにある、住宅街。
計算された街並に、オシャレな家たちが並ぶ。

先週のミニ発表会について軽く談笑。
自分の反省点として…(レコーダーをきいてみて)
音の強弱ができていない事
早い指回りの音の高音が突出している事等々…
きちんと演奏したかったら、結局はタファゴベを真面目にするしかないって事だ。

今日はタファゴベの4番。
4小節を吹ききる事のできる強さで。
ハ長調、その平行調
ヘ長調、その平行調
変ロ長調、まではいいけど…(かなりアヤシイな、でも)
その平行調のト短調がもうボロボロだ…
どうしてもダメなところは、高音ミのときに、ブリティアルキーを押していること。
ドで親指がはなれて、レの時に、ブリティアルキーを押さなければいいのに、なぜか押している。
次回の宿題。

高音の突出している件について、
よく聞いて、引き気味に音をだす…
文章にすると、これだけなんだけど、うまくいかない。
指、体、耳、フル回転。

ランチ会の時に話題になった、ダイエットサンダル。
これを履いてロングトーンをする。
うううううむ。
バランスを取る為に、必然的に、下半身に力がはいる。
わりといいかも????

[PR]
by kuma-flute | 2016-09-13 06:44 | レッスン | Comments(0)

2008年

記録として、動画をアップしていきます。
これは、フルートを習い始めて一年と少し。アルテの9課の頃。
改めて聞くと、今とそんなに変わっていない…
ってことは、あんまり成長していないって事だよね。とほほ。

[PR]
by kuma-flute | 2016-09-11 09:37 | 記録 | Comments(0)

お久しぶりです。



パソコンは窓からリンゴに、私は40代から50代に、
放置していたくまくまパラダイスに動画を貼れるようになりました。
フルートはまだ続けていて、来年でなんと10年になる…のかな?

そして、今日は先生のお弟子さんとの恒例行事。
ミニ発表会&ランチ。
パラリンピックの開会式を最後まで見てから家を出て、
11時からなので、10分程前についたら…
みなさんもうロングトーンをして準備OKだった。あらら…

最初に全員でロングトーン。
ここで音だしをしておかないと…。

皆さんの演奏を聞いて、思った事を偉そうに綴ってみる。
最近はマイミクさんの巡回もないので、自分のなかの記録かな。

最初はM川さんの「誰も寝てはならぬ」
フルートを初めて2年。一昨年のランチ会の時に始めたばっかりだ、と仰っていたので。
一生懸命なのが伝わってくる。
ビブラートとかが出来るようになると、もっともっと楽しくなるよ〜
来年が楽しみ。

2番手、M川さん。曲のタイトルわかりません、ごめんなさい。
白石教室で時々お会いする明るく社交的なM川さんなのだけれど、
ガチガチに緊張していたのがわかる。
心の中で、がんばれ、がんばれ、がんばれって応援してました。
今年初めてキタラに参戦、12月が楽しみ。

3番手、H川さん
曲のタイトルが正確に思い出せないのだけれども、
昔聞いていたラジオでいつも流れていた曲。
癒し系…でうっとり。ランチの時に2拍のばすのを…をおっしゃっていたけど、
まったく気になりませんでした。
12月の完成形が楽しみ。

4番手はA谷さんの「タイスの瞑想」
しっとりとしたイントロからはじまる、出だしの音がとても丁寧。
12月の発表会にむけて着々と練習を積まれている感じです。

5番手はK戸さんの「アルルの女」
歯の治療をしていて、フルートを再開したのは最近なの、との事。
12月にむけて、仕上げてくるんだろうな〜
いつも思うのだけれど、K戸さんの音色って暖かくてほっとする。

6番手はマイミクまこちゃんの「葦笛の踊りと花のワルツ」
それにしても、まこちゃん、どうしら、たらららら〜んの高い音がでるの??
うらやまし〜
そういえば、何年か前の感傷的なワルツのときも、たららら〜んって高い音が。
そんなにピアノであわせてないって、ブログに書いてあったけど、
まこちゃんも、12月にむけてダッシュしてくるんだろうなあ〜

7番手は私の「ハンブルガーソナタ」
8月に録音したときに、思った事を結構練習したのだけれども、
ちっとも反映されていない。レコーダーは正直だから…

8番手ラスト、トリはN田さんの「ミニョンのファンタジー」
来週、コンクール!なんだとか!
暗譜完璧!緊張してるのかな、と思う所もあったけど、
勢いがあって、力強い。
来週がんばって。

[PR]
by kuma-flute | 2016-09-08 23:06 | Comments(0)

好きなこと始めますっ!    好きなことは楽しいはず…?


by kuma-flute